営業部 Sales Division

河川

DWホール(2重管式ウィープホール)

NETIS HK-100033-A

 従来のウィープホールはコンクリート構造物内に単純に埋め込み土中の余剰水排水をしておりますが、数年使用すると目詰まりを起こすことがあります。
又、構造物背面の集水材兼吸出し防止フィルター材等が、圧密沈下等により脱落することによる土砂の流出が問題となっておりました。
 それらの問題点を改善するべく、2重管式ウィープホールを開発いたしました。
改良点として・・・
(1)目詰まりに対してはウィープホール自体を引き抜き交換又は洗浄することによりフィルター材等の目詰まりが解消できる。
(2)集水材兼吸出し防止フィルター材等の破損による土砂の吸出し対策として、背面側の土砂への突出部分の外管を鋼製にし従来の樹脂製より強固にし破損や脱落しない構造としました。
これにより、構造物の安全性向上に貢献できるものと考えております。

(画像クリックで拡大表示します)

製品本体

製品本体

製品本体

使用状況

製品本体

製品イメージ

製品本体

製品詳細図

↑ PAGE TOP