営業部 Sales Division

道路・橋梁

ゴム支承装置 LRB(鉛プラグ入り積層ゴム支承)

LRBはエネルギー吸収性能が大きく、また鉛プラグの径などを変えることで水平バネ定数と減衰性能とを幅広く調整することができます。
さらに履歴ループが安定していることが大きな特長で、エネルギー吸収装置として最も安定して優れた性能を示しています。


【積層ゴムの働き】

鋼板で補強されたゴムが構造物をしっかり支えます。(荷重支持・鉛直弾性・回転吸収機能)
ゴム単体に比べて上下方向の剛性が高く、構造物を安定させて支持します。
地震の揺れをゆるやかな動きに変えます。(水平弾性機能)
水平方向には柔らかいため、地震の激しい振動をやわらげ、構造物の揺れを長周期化します。
構造物を元の位置に戻します。(復元機能)
地震がおさまったあと、ゴムの持っている復元力で、構造物を元の位置に戻します。


【鉛プラグの働き】

構造物の大きな揺れを減衰させます。(振動減衰機能)
積層ゴムの変形に伴って、鉛プラグが塑性変形をおこし、地震エネルギーを吸収すると共に、振動をすみやかに減衰、地震による変形量を小さくおさえます。
地震以外の揺れを抑えます。(トリガー機能)
一定の力が加わるまでは鉛プラグの高い剛性で構造物を固定するので、交通振動や暴風などによる揺れを防ぎます。

(画像クリックで拡大表示します)

ゴム支承装置 LRB

ゴム支承装置 LRB

ゴム支承装置 LRB

積層ゴム

ゴム支承装置 LRB

鉛プラグ

↑ PAGE TOP